就職・転職・資格取得・法人向け情報など満載でお届け!

30歳前後がひとつ転職を考えるきっかけに

30代転職の考え方新卒で入社した会社に長く勤める
そして、定年まで勤め上げることが
これまでの日本では、当然の考え方だったといえます。

働き始めたら、仕事を転々とするよりは

入社した会社に、定年退職をするまで通い続けるという形が
社会人として、ひとつ模範とされてきたでしょうか。

 

日本の企業は、基本的には終身雇用制度
定年退職まで社員を解雇することはないというシステムが
ひとつの価値観だったとはいえますが・・

 

とはいえ、近年では終身雇用制が一番いいとする価値観が変わり
違う働き方を模索する人が増えていることも事実

これまでは、仕事を変えることはマイナスのイメージ
それが最近では、仕事を変えることについて
肯定的な見方をする方が増えてきたともいえるでしょう。

 

年齢的にいうと、ひとつの基準として
30歳までが転職をするチャンスだといえるでしょうか。

 

30歳前後といえば、大学を卒業して
サラリーマンとして就職したなら社会人歴8年程度
ここまでの実績と、スキルを活かしての転職ですね。

 

さらに、将来を見据えた上で、よりキャリアアップを計るために
30歳前後がちょうど良い時期だともいえるでしょう。

 

第一線で働けることを、証明するための実績やスキルなど
これまでしっかりに積み上げられていることが
30代の武器となってくるでしょうね。

あなたの武器は何ですか?

 

新卒で就職した企業で戦力になれたあなたなら
別の職場でも戦力になれることは当たり前ですね。

それだけのスキルが培われているわけです。

 

もっと収入アップを求めての転職や
将来成長が見込める企業で働いてみたいなど
30歳前後がひとつの転機になり得るケースは多々あります。

 

年齢を重ねてからでは
好条件での転職が、どうしても難しくなりがちですから

若いうちに今の自分と、将来なりたい自分を見据えて
さらなるスキルアップを目指すのもひとつの考え方

男性、女性限らず、一度は考えてみたい事柄でしょうか。