就職・転職・資格取得・法人向け情報など満載でお届け!

面接時に質問される内容と受け応えのポイント

転職での面接で質問されること転職・就職の第一関門はズバリ面接ですね。
面接をどのように突破するか?ここが大きな鍵を握ります。

面接官が何を見ているのか?どんな質問がくるのか?
どういった受け応えが正解なのでしょうか。

 

こちらの記事にも書きましたが、まず第一印象
これね、誰もがわかっていることですが本当に大切です。

 

初対面の人に対する評価ポイントとしては
ファーストインプレッションはかなり重要

失礼のない身だしなみはもちろんのこと
きちんとした挨拶、言葉遣いも重要なので
目上の人に対する敬語の使い方も復習しておきましょう。

 

面接で聞かれることには、いくつかパターンがありますが
転職の場合まず、あなたが退職した理由ですね。

退職した理由が、ネガティブなものだと
やはりイメージはマイナスになっちゃいます。

 

前職での待遇、人間関係、労働環境など
退職の理由にすることはあまり良い回答ではありません。

 

それよりも、あなたの目標達成やスキルアップのために
前向きな行動として、退職理由を考えておくことで
プラスのイメージに持っていくことを意識しておきましょう。

 

そしてこれが、次に聞かれる志望動機
「どうして弊社を選ばれましたか?」という質問の
回答につながっていくわけですね。

 

よくある無難な答え方だけに終始していたのでは
あなたの印象が、面接官対して薄いかもわかりませんから

スキルアップ、給与アップ、福利厚生面
将来の目標や取得を目指している資格など、志望動機は
ちょっと風呂敷を広げて答えてみるのも一手です。

 

優等生的な回答ではなく、中身のある会話としての
自己アピールを心がけることも大切なポイントですね。

 

ここまできて、面接の最後のほうでは
「何かご質問はありませんか?」と聞かれることもありますね。

実際、そんなに質問事項はないわけですが(笑)
ここで何も聞かないと、能動的な意欲がない?
こう思われてもマイナスになっちゃいますから

 

あなたが実際採用されて、仕事に就いたイメージを想定して
例えば営業職なら、大口の取引先や担当するエリアなど
いくつか質問の引き出しを用意しておくといいですね。

 

待遇面での質問でもかまいませんが、サラッと
軽い質問事項を事前に考えておくとよいでしょう。