就職・転職・資格取得・法人向け情報など満載でお届け!

転職を考えるきっかけって何だろう?

転職を考えたきっかけは?日本では、終身雇用制の考え方が根付いていて
転職と聞くとまだまだネガティブなイメージがあるかもしれません。

しかし最近では、さらなるスキルアップ
キャリアアップを求めての転職もよくみられます。

 

就職したら定年まで働き続けることが
ひとつの美徳のような価値観があった日本ですが

もう、若い世代に方を中心に
定年まで一つの会社で働くことを是とする考え方ではなく
転職も肯定的に捉えられるようになりました。

 

もっと自分のスキルアップを求めての転職
ベースアップ、あるいは管理職としての転職
人それぞれ違う道を考えてみるのも人生ですね。

 

また、転職を考えるきっかけのひとつに転勤があります。

就職して、働き始めた頃はどこに転勤しても
問題ないと思っていた人でも、結婚して家庭を持ち
家族との時間を大切にしたいと思うようになると価値観も変わります。

 

転勤の辞令を断れればいいのですが
現実問題なかなかそうはいかないものですよね。

 

家族がいる状態で、転勤の話がでてくると
家族は連れていくのか?またここに戻ってこられるのか?

小さな子供を何度も引っ越させて、転校を繰り返させていいのか?
あるいは、単身赴任で自分だけが移動するのか?

いろいろと、考えるべき問題が出てきます。

 

さらに、家族が病弱だったり、身体が弱かったり
介護の必要な両親が身近にいる場合など
もっと厳しい問題としてのしかかってきます。

 

いずれにしろ、家族で話し合って
納得のいく答えを生み出すことが大切になってきますが
家族の存在は、転職のファクターの1つだといえるでしょう。

 

それで、ひとつの選択肢に転職がでてくるわけです。
転勤のない地元企業が選択肢になるわけですね。

 

人は生活のために働くわけですが
独り身ならいいけれど、結婚して家族を持ち
生活が始まるといろいろと変化することもでてきます。

 

スキルアップ、ベースアップを求めての転職
転勤がきっかけ、家族優先のための転職

転職を考えた時に、まず肝に銘じておきたいこととして
あなたが譲ってもいい条件、譲れない条件
ここを優先順位をつけて、見つめることがポイントですね。

 

いずれにしても、これから先の人生を
プラスのイメージで転職を考えることが大切です。