就職・転職・資格取得・法人向け情報など満載でお届け!

結婚・出産後の女性の働き方として資格取得を目指すのもひとつの方法

出産後の女性の働き方女性は結婚、出産となるとどうしても
育児が生活の中心になりがちですので

今の仕事を続けるのか?やめて育児に専念するのか?
ここを考えることがひとつ必要になってきますね。

 

日本の企業でも、もっと育児に対する理解や
小さな子供を持つママにとって
働きやすい環境づくりが大切だと感じますが

現実にはまだまだ理想には遠いといえるでしょう。

 

マタハラという言葉があるくらいですので
これは国を挙げて真剣に議論しないといけない問題ですね。

 

現実問題として、女性には育児と仕事の両立は難しいです。
最近はイクメン、育児を手助けするご主人も増えていますが

イザ、仕事と育児と家事となると、女性には体力的にも
精神的にも負担がかかってくることは否めません。

 

ですので、出産休暇や育児休暇が保証されている仕事
子育て後の復職がしやすい職種が女性には人気となっています。
そのひとつに、医療事務があります。

 

医療事務は女性に人気の資格
医療事務は、もちろんフルタイムで働くこともできますし
午前中だけ数時間働いて、残りの時間は家事と育児に
専念したいという働き方も可能です。

 

子育てや家事があって
フルタイムで働けないという女性に人気の職業です。

正社員の募集はもちろん、パートや、派遣業務でも
募集している病院はたくさんありますね。

 

たとえ、ご主人の仕事の都合で転勤になったとしても
医療事務であれば、引っ越し先で仕事を探すことができます。

病院は日本全国にありますし
実はコンビニの2倍以上の数があるといわれています。

 

好不況など、景気に左右されることもありませんし
基本座り仕事ですから、ある程度の年齢になっても
体力的にも問題なく続けていける職種ですね。

 

また、専門的な知識を必要としている職種ですので
出産や、結婚などの空白時期があっても復職しやすい職業です。

 

今、日本は高齢化社会、そしてこれから超高齢化社会の時代
病院の仕事は、ますます求められていきますので
医師、看護師同様に、医療事務の仕事も必要とされています。

医療事務の資格を持っていれば
仕事につきたいと思った時に、すぐにでも役立ちますのでとても重宝します。

 

医科医療事務管理士は、特に受験資格もありませんし
初めての方でも安心して受験が可能で

試験も年6回ありますので、チャレンジしてみるのも
あなたのキャリアアップだといえるのではないでしょうか。

 

なお、医療事務の資格を目指す方に人気なのがシカトル
アビバケイコとマナブなどあります。

いずれも、資料請求が無料でできますので
活用してみてはいかがでしょうかね!