就職・転職・資格取得・法人向け情報など満載でお届け!

40代以降の転職で活路を見出すポイントは

40歳からの転職活動に成功するコツは40歳を過ぎてからの転職活動では
どうしても年齢という壁が高く立ちふさがります。

20代~30代と働いてきて、相応の実績やキャリアを積んだ人でも
40歳を過ぎてくると、なかなか転職活動は難しい
これが現実だといえるでしょう。

 

よほど特殊な資格、あるいはキャリアがあれば別ですが
そうでない限り、かなりハードルが高くなります。

特に50歳からの転職は、定年までの期間も短いので
採用する側もより慎重になり、転職活動は至難を極めます。

 

求人に応募すると、まず履歴書、職務経歴書の送付
企業側の書類選考からスタートとなりますね。

 

40代以降の応募では、この書類選考の時点で
選考からはずされてしまう可能性
高くなっていると考えて過言ではありません。

20代~30代の頃と同じ感覚で転職活動をしても
早晩つまづくことは否めないといえます。

 

40代になってから、求人に対して応募書類を出しても
書類選考を突破できるのは一般的に
10%程度・・のようにいわれることもあります。

ですので単純計算ですが、10社と面接にこぎつけるなら
少なくとも100社に応募しなければいけない・・わけです。

 

また、仕事に就いていないブランクが長ければ
より一層不利になるとも考えられますね。

 

ハローワークや求人誌を通じて、転職するよりも
むしろ40代からの転職は、縁故やこれまでの人脈を頼ってみて

転職活動を心がけたほうが成功率も高く
就業後もスムーズに働けるといえるのではないでしょうか。

 

友人や親類などのつながりを利用することに
ちょっと恥ずかしい、あるいは後ろめたさを感じるかもしれません。

しかし、人と人とのつながりは、実りある転職への
第一歩となりうるかのもわかりませんよね。

 

あるいは、これまでの資格やスキルを活かして
転職求人サイトへ登録してみることもひとつでしょう。

転職サイトには、専門のコンサルタントがいますので
あなたの現状や、希望の就業条件など相談してみて
活路を見出すことも、今の時代なら可能となっていますよ。