就職・転職・資格取得・法人向け情報など満載でお届け!

あなたが転職を決意した理由を面接で聞かれたときどう答える?

面接で転職理由を聞かれたときどう答える?就職や転職において、もっとも大切なことが面接突破
ここは避けて通れない、まさに肝所だといえますね。

面接官から様々な質問が用意されているわけですが
必ずといっていいくらい問われることが
あなたが前職を辞めて転職を決意した理由だといえるでしょう。

 

この転職理由について、どこまで本音で回答すればよいのか?
判断が付きにくく、なかなか難しいものです。

 

すべて本音で応対することがベストだとはいえるでしょうが・・

ただし、いいにくいことをそのまま答えても
面接でのあなたの評価は高くなるでしょうか?

 

転職を決意した理由はひとそれぞれで、給料や待遇面
休日がとれなかったり、残業が多くて家族との時間が持てない

あるいは職場の人間関係に耐えられなかったり、雰囲気の悪化
自分にもっと適した職業を探してみたいという、やりがいを求めて

 

そして、最近増えているのが親の介護のための転職
いわゆる介護離職が増えていることも挙げられます。

 

人間生きていくために、仕事をしなければお金が稼げませんから
何とか希望の条件で就職・転職が叶うよう

でき得ることを最大限にするべきですが、ここで面接時
転職する理由をどこまで正直に言うべきか?ということです。

 

あなたが今までの仕事、職場を辞めた理由として
あまりにネガティブな返答をすると

新しい職場でもまた、不満があれば辞めてしまうと
採用担当者の心証を悪くしてしまうかもわかりませんね。

 

といって、少しでも印象を良くするために本当のことを隠して
心にもないことばかりいっていると、どこかでボロが出て
逆にあなたの評価が下がってしまう結果にもなりかねません。

面接官って、そのあたりしっかり見ているんですね。

 

ではひとつの方法ですが、言っている内容は変わらなくても
それをネガティブに表現にするか、ポジティブに表現にするかで
面接官の心証って変わってくるものです。

 

そしてこのあたりは、転職エージェントのコーディネーターの
専門分野であるので、発言の仕方についても
しっかり教授してもらうことが面接突破の近道ですね。

 

たとえば看護師さんの転職であれば、看護師転職エージェントでは
実際にどんな質問が多いか?どう返答すれば印象がよくなるか?
コーディネーターがこれまでに経験したことを踏まえて

対策を講じてくれるので心強いというわけです。

 

面接時に上手に受け答えをするには、まずよく質問される内容を把握
嘘ではないが、真実とは少し見方が違う切り口の返答を用意

ネガティブな内容でも、角度を変えてみて
ポジティブに表現することを心がけてみるとよいでしょう。