就職・転職・資格取得・法人向け情報など満載でお届け!

はじめての就職活動にはセミナーの活用で情報をインプット

大学生の就職活動はセミナーに積極参加で!大学を卒業して社会に出た時、どこの企業に就職
何をして働くかって、あなたの人生を左右する
とっても重大なテーマだといえますよね。

ただ、今まで就職活動をしたことがない学生さんには
何からはじめればよいのか?決めるべきこと
やらなければならないことがわかりにくいのも事実・・

 

まず自己分析、あなたの適正は大切ですね。
どんな仕事がしてみたい?何を目指す?
どんな職種に向いている?などしっかり考えてみましょう。

 

といっても、自分だけではなかなか判断がつきません。
何しろはじめての就職活動ですので無理もありません。

 

そんな場合は、自己分析と同時に
企業やその業界についての知識を深めることもヒントです。

要は、情報をたくさんインプットしていくことでですね。
就職や転職には豊富な情報量と選択肢がポイント
たくさんの情報を集めてみることも大切ですよ。

 

そのためには、セミナーへの積極的な参加が有効です。
ひとりで考えているより、企業側の方と応対してみて
知識を深めておくことは決してマイナスにはなりません。

 

就職セミナーには一般的に
企業説明会
学内セミナー
合同企業面談会の3種類があります。

 

特定の企業が行うものが企業説明会であり
その企業についての会社説明がなされたり、質疑応答も可能です。

ひとつの大学内で行われる企業セミナーは
特定の大学に対して、大学の就職支援課が説明をするものです。

 

学生の就職支援などを行っている企業が開催し
複数の企業が1ヶ所に集って開催されるものが
就職の合同セミナー、合同企業面談会となりますね。

たとえば、新卒ならキミスカMeets Company

既卒ならジェイックジェイック女子カレッジ
マイナビジョブ20’sなど
 

最近は、開催日時や参加企業が事前にホームページで告知されますので
必要書類や、注意事項を確認の上、参加企業にも目を通しておきましょう。

 

合同セミナーでは、人事担当者だけでなく管理職の方
現場責任者が参加している場合も多いですから
どんどん話を聞いて、積極的に知識を仕入れることです。

(この積極性って企業側はよく見ていますよ)

 

はじめて就職活動をされる学生さんには
自己分析、あなたの希望をしっかり見極めることも大切ですが

同時にセミナーに積極的に参加して、情報をインプット
思わぬ気づきが得られることも多々あるものですよ。