就職・転職・資格取得・法人向け情報など満載でお届け!

再就職手当がもらえる場合と手続きのやり方

再就職手当のもらい方失業中の就職活動で、内定を得ることができた場合
再就職手当の支給対象となることがあります。

再就職手当は、失業給付をもらっていた人の中で
一定の条件をクリアしている人に対して支払われます。

 

再就職手当が支給される条件とは

○ 基本手当の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上あること

○ 1年以上の継続勤務が確実であると認められること

○ 待期満了日後の就職であること

○ 給付制限を受けた場合は、待期満了日後1ヶ月間において
ハローワーク等または許可、届け出のある職業紹介事業者の
紹介により就職したものであること

○ 離職前の事業主に再び雇用されたものでないこと

○ 3年以内の就職で再就職手当の支給を受けていないこと

○ 受給資格決定前から採用が内定していた事業主に雇用されたものでないこと

○ 雇用保険の被保険用件を満たした条件での就職であること

 

こうやって書くと、何だかややこしそうですが(笑)

要は、待期満了後ハローワークまたは許可のある機関を通じて
就職が内定し、所定給付日数が3分の1以上残っている場合なら
再就職手当てが支給される対象となるわけです。

 

再就職手当の支給額は

所定給付日数の3分の2以上を残して就職した場合
支給残日数の60%

所定給付日数の3分の1以上を残して就職した場合
支給残日数の50%

それぞれに、基本手当日額を掛けた金額となります。

 

例えば、基本手当日額4,000円
基本手当の残日数が60日の場合では
4,000円×60日×60%=144,000円となるわけですね。

 

再就職手当の申請期限は、就職日の翌日から1ヵ月以内

再就職手当支給申請書(雇用先の証明が必要)
雇用保険受給資格者証
(その他、ハローワークから求められた書類)

以上を用意して、ハローワークへ提出するようになります。